女性の味方『トリキュラー』で安心生活

トリキュラーの毒性と鎮痛剤の服用

トリキュラーの毒性についてはほとんど心配がないとされているのですが、インターネットなどで購入した場合には成分が不安定なこともあるので慎重な判断をして購入をしないと毒性の強い成分が含まれている可能性も全くないわけではありません。トリキュラーの本物を服用している場合には毒性はないとされていて、副作用に関しても他のピルに比べると少ないとされています。低用量ピルに関しては服用を始めてから女性ホルモンの状態が安定するまでは腹痛や頭痛などが起こりやすいので鎮痛剤を服用しなければならないこともありますが、2週間程度で安定するので、鎮痛剤は必要無くなります。トリキュラーを服用するときに大切なことは飲み忘れをしないということで、服用は生理の初日から21日間継続しないと避妊の効果がなくなってしまうので、男性に避妊をさせることになりますが、この他にも月経の量が増えてしまったり、生理でもないのに生理痛になるので鎮痛剤を服用しなければならない症状が出ることもあります。トリキュラーを服用すると女性ホルモンのバランスが変化するので貧血症が起きやすくなったり、腰痛などが起きることもありますが、これらの症状は副作用ではないのであまり心配することはありません。深刻な副作用としては血栓症があるのですが、これに関しては1000人に1人程度の頻度でなる可能性があるとされているので、トリキュラーなどの低用量ピルを服用する場合には必ず十分な水分を摂取して、タバコなどの血栓症のリスクを上昇させるものを排除しなければなりません。とくに35歳以上の女性が喫煙をしている場合にはトリキュラーの副作用の血栓症のリスクが上昇するとされているので、処方箋がもらえないこともあります。